Googleアナリティクス導入後に、最初に設定しておくと良いこと

Googleアナリティクスを導入した後に、最初に設定しておくと良いことについてお話します。たくさんあるので、本当に必要と思うものだけを書きたいと思います。

1. トップページが「/index.html」と「/」で分かれないようにする

Googleアナリティクスでは「/index.html」と「/」を異なるページとして計測するため、最初の初期設定でしっかりと同一ページであると設定する必要があります。そうしないと、トップページが二つあるような計測結果になってしまいます。

アナリティクス設定>ビュー>ビュー設定

ビュー設定

「デフォルトのページ」に「index.html」と入力し、「保存」をクリックします。

この時に、ついでに以下の設定もしておきましょう!

・「タイムゾーンの国または地域」を「日本」にします。

・「通貨の表示」を「日本円」にします。

・「ボットのフィルタリング」の「既知のボットやスパイダーからのヒットをすべて除外します」にチェックをします。

最後は何のためのチェックかと言いますと、スパムなどの人以外のアクセスを除外するためです。

純粋に人からのアクセスをとるためですね。

ビューの設定をする時には、必ず、元のデータをそのままにし、新規にビュー設定からビューを作ってください。

上記は新規に作ったビューにしてください。

何か間違いがあった場合にもとに戻すことができないので元データも置いておく必要があるからです。

画像はここでは、「すべてのウェブサイトのデータ」と書いてありますが、元のほうには「元のウェブサイトのデータ」として私は残しています。

2. 「自分」の除外

自分のアクセスは除外しておきましょう。

自分の除外は案外簡単です。

ここでは一番簡単な除外方法をお伝えします!

Google_Analytics_オプトアウト

「Google Analytics オプトアウト」というアドオンをブラウザに追加します。
これを使うと、Googleアナリティクスによるデータの使用を無効にできます。
カウントされなくなります。

Googleアナリティクス オプトアウトアドオン

画面右上「Google アナリティクス オプトアウトをダウンロード」をクリックしてインストールページに移動します。 上図の右上「無料」ボタンを押してインストールしてください。

使用しているブラウザごとにインストールする必要があります。

Chrome、Internet Explorer 8~11、Safari、Firefox、Opera で使用できます。

Internet Explorer の場合は、サードパーティ Cookie を有効にしてインストールする必要があります。

IPアドレスを除外する方法もあるのですが、固定IPを持っている企業でしか使えません。私はアドオンをインストールすることで、自分のアクセスを除外した形でいつもサイトを見ています。

3. 日本固有の検索エンジンの追加

Googleアナリティクスでは、GoogleやYahoo!等の主要な検索エンジンからのトラフィックを検索に分類しますが、日本固有の検索エンジンは手動で入れないと、キーワードが取得できません。以下の方法で追加しておきます。

アナリティクス設定>プロパティ>トラッキング情報>オーガニック検索ソース

下の「検索エンジンを追加」をクリックし、auから以下のデータを入れていきます。

検索エンジンを追加

検索エンジンを追加2

4. ユーザの「年齢」「性別」「興味関心」を知る

アナリティクス設定>プロパティ>プロパティ設定

「広告向け機能」の「ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポートの有効化」を「オン」にします。

広告向け機能

結果は、「ユーザの分布」や「インタレストカテゴリ」等のレポートで見ることができます。

「ユーザの分布」 レポート>ユーザ>ユーザの分布>サマリー

「インタレストカテゴリ」 レポート>ユーザ>インタレストカテゴリ>サマリー

次回はもっとも重要な「目標設定」についてお話します。目標設定をされないまま、運用されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

サイトの運用上、目標を設定することはとても大切なことです。

それではまた次回お会いしましょう。