2017年常時SSL化(HTTPS)必須に?!

Google は、2016 年 9 月 8 日、Chromium Blog「Moving Towards a More Secure Web」にて、常時SSL化(HTTPS)の推進を世界規模で進めるために、「2017 年 1 月リリースの Chrome 56 から、パスワードやクレジットカードを送信する HTTP サイト(非 SSL/TLS サイト)において、「安全ではない(Not secure)」という意味を持つアイコンをアドレスバーに表示すると発表しました。

Not-secure表示参照元:GoogleSecurity Blog https://security.googleblog.com/2016/09/moving-towards-more-secure-web.html

まずは2017年1月から、パスワードまたはクレジットカードの情報を送信する際に、HTTPSではない接続を利用する場合に表示されるようです。

パスワードの送信の際には、HTTPのままのサイトが多いと思います。

HTTP warningsまた、アドレスバーの横に警告が表示されていても、ユーザーは結局、表示されていることになれてしまうので、表示方法を強めていくそうです。さらには、最終的には全てのHTTP接続の際に、警告を表示する計画をしているとのことです。

安全でないサイトに進む人は少ない

安全ではないと表示されているのに進む人は少ないと思いますので、サイトに訪れようとする人が訪れにくくなり、機会ロスが発生します。2016年までは静観していた企業も対応せざるを得ない時期に来ています。今では格安のSSLも出回るようになったので、予算をかけられない中小企業でもSSL証明書を取得してサーバーに設定することができるようになりました。

ご自身で四苦八苦しながら時間をかけて設定することもできますが、途中で分からなくなったり時間がかかったりする場合はWeb会社に任せれば費用もそんなにかからずできることなので、早く対応してしまったほうが後後困らずに済むと思います。

当社や当ブログではもともとSSLを導入していたのですが、今ちょうど他のSSLに変えるところでhttpになっています。今のサーバー会社では入れられないSSLを希望しているため、サーバー移管を近く行い同時に常時SSL化する予定です(今月中予定)。

Chromeのシェア

Chromeのシェアを調べてみました。

■国内シェア

国内ブラウザシェア

■世界シェア

世界ブラウザシェア

引用:webrage https://webrage.jp/techblog/pc_browser_share/

国内ではIE11、Chrome54、Chrome55、FireFox50とIE11が多いですが、世界ではChrome54、Chrome55、FireFox50、IE11とChromeが圧倒的です。

上記をブラウザ別にまとめると、日本ではChromeが38.88%、IEが19.26%とIEの倍ほどで第一位となっています。世界ではブラウザ別にまとめる必要もないほどChromeのシェアが高いですが、日本でもChromeのシェアが高いですね。

ブレイクタイム

お正月明けに体調が悪すぎて病院に行ったら、血液検査の結果タンパク質不足でした。今は肉、納豆、牛乳、ヨーグルト等タンパク質が多く含まれているものをとっています。栄養バランスの良い食事に切り替えたところ、がさがさだった手の甲が良い状態になり、体調もよくなってきています。

今週末は同業者とカラオケ大会なので、体の状態をよくしておきたいです。

皆さんも栄養不足にはお気をつけください。

それではまた次のブログでお会いしましょう!